Q&A

【質問1】1口設立オーナーへの寄付名義は、個人、法人どちらでも構いませんか。
A:どちらでもOKです。

【質問2】今回の1口設立オーナーへの寄付は、寄付控除は受けられますか。
A:寄付控除は受けられません。

【質問3】一口設立オーナーに議決権がないのはなぜですか。
A:株式会社の場合は、原則として1株につき1議決権ですが、株式会社と異なり一般財団法人の議決権は、評議員1名に対して議決権は1個という考え方です。従いまして設立オーナーに対しての議決権はありません。

【質問4】活動範囲を教えてください。
A:県の認可をいただいて公益財団として活動をしたいと計画しておりますので、県内で広く活動ができればと思っております。

【質問5】評議員、理事、監事の人選について
A:財団法人設立要件の基本財産300万円以上が集まった時点で設立準備会(発起人会)より、理事、評議員、監事に依頼をし就任いただきます。幅広い人選ができればと思っております。

【質問6】なぜ、平仮名「さいたま」なのでしょうか。
A:設立検討をした際に参考にした団体が平仮名を採用していたためです。本財団の活動エリアは埼玉県内全域とするために、一般財団法人登記の際に「埼玉」へ変更することが決まっております。

【質問7】一口設立オーナーによる寄付金は設立後、何に使われますか。
A:一般社団・財団法人法上の基本財産とは、財団法人の目的である事業を行うために不可欠なものとして定款で定めた財産です。従いまして、当会としては金融機関の定期預金に預ける形を取ります。